Loading

こんなお悩みはありませんか?

便秘、下痢、過敏性腸症候群、便秘と下痢を繰り返す
お腹が張る、ガスが多い、胸やけ、消化不良
冷え、むくみ、(特に脚やおしりなど)
潰瘍性大腸炎、クローン病、アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患
頭痛、肩こり、腰痛などの痛み
痩せられない、食べても太れない
生理痛・生理前の不調、更年期のお悩み
満たされない、いつも不安、すぐにイライラする、気分が落ち込みやすい
…などなど
深刻な症状も、最初はちょっとした不調だったはずです。
それがいつの間にか、どんどんひどくなってきて、抑えられなくなってきた。
ゆすらには、そうおっしゃる方が大勢お見えです。

自分のこと後回しにしていませんか

さまざまなストレスに満ちた現代社会。毎日仕事や家事育児をこなし、人間関係にも心をすり減らして頑張っている女性は、自分のことは後まわしにしがちです。ふとした時に感じる体のちょっとした変化とか、「最近なんだか元氣が出ないな」などの小さな心の浮き沈みなど、氣付かないふりをしていませんか?

心と体の声に耳を塞がないで

氣付かないふり。それは、体の声(体調)や心の声(感情)に蓋をしているということ。私たちは本来、体(命)からのサインに耳を傾けて生活していくと、健康に、いきいきと生きることができます。逆に言うと、健康に、いきいきと生きてゆけるように、体を使って前もって「なにかおかしいよ」とサインを発し、健康が損なわれる前に「このままだといけないよ」と教えてくれているのです。

サインを無視し続けると…

サインを無視し続けると、体からのメッセージはだんだんと聞こえなくなってしまいます。違和感が当たり前になってしまうと、それらは氣にならなくなってしまうのです。だから、サインに氣付いたときには後まわしにせず、早めのケアをすることが大切です。放っておくと、そのうちどんどん心と体のアンバランスが大きくなり、心や体をの健康が損なわれる結果となってしまいます。

こんなサインはありませんか?

すぐにイライラしてしまう。
食欲が抑えられない。
常に疲れて やる気が出ない。
検査では異常がないといわれるのに、体調が良くならない。
いつも自分を責めてしまう。
幸せを感じられない ・・・など。

お腹は教えてくれます

特に、下痢・便秘・過敏性腸症候群など、排泄に関する不調は「何かおかしいよ。このままだといけないよ」という体からの重要なサインです。また、お腹に触れたときに感じる硬さ、強い張り、痛みなども、食事を含む日常生活の状況や、心の状態を反映する体からのサインともいえます。つまり、お腹(腸)の状態は、あなたの心と身体の状態そのものを表しているのです。

一人で悩まず、まずは私に相談してください

不調や症状は、結果です。結果には、必ず原因があります。
腸の筋肉の働きの低下が原因で生じやすい症状は、次のようなものがあります。
便秘、下痢、お腹の張り(ガス腹)、肌荒れ、過敏性腸症候群、痩せやすい、太りやすい、冷え、腸の免疫機能異常が原因で生じやすい症状、潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫疾患(リウマチ、アトピー性皮膚炎)、アレルギー系疾患、花粉症など。
腸の免疫機能異常が原因で生じやすい症状は、次のようなものがあります。
潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫疾患(リウマチ、アトピー性皮膚炎)、アレルギー系疾患、花粉症など。
自律神経失調が原因で生じやすい症状は、次のようなものがあります。
頭痛、うつ症状、パニック症状、慢性疲労、過敏性腸症候群、倦怠感、不眠、朝起きられない、更年期症状、PMS(月経前症候群)など。

これらは、腸が元氣に働き、正常な機能を取り戻すことで、改善されてゆく代表的な症状です。「ずっとこのままなんじゃないか・・・」と不安にならなくても大丈夫。どうかご安心ください。腸の活動が安定し、要らないものをスッキリと排出できるようになると、体本来が持つ力(自己治癒力)が次第に高まります。そして、体だけでなく心も元氣になってゆきます。私もかつては数々の深刻な不調に悩み、辛い毎日を過ごしていました。しかし、今はこんなに元氣になりました。毎日を幸せいっぱいに過ごしています。そんな私だからこそ、きっとあなたの力になれると信じています。ぜひご相談ください。