腸の健康は 心身の健康の要といえる理由(ワケ)

腸は 体や心と深くつながっています

◆腸は私たちの体をつくるための材料(栄養)を吸収する唯一の臓器

私たちの体をつくる材料となる「栄養素」。食べたものを小さく分解し、栄養素として吸収するのは腸の仕事です。
つまり、「どんな体がつくれるか」は「腸がどんな栄養素をどんな状態で吸収できるか」で決まるのです。
そしてそれは、腸の健康状態が大いに関係しています。
腸が健康でなければ、必要な栄養素が必要な状態で吸収できません。
栄養の吸収が滞れば、元気な細胞をつくることができなくなりますよね。

さらに、腸が元氣に動けなくなると排泄がスムーズにいかなくなります。
排泄がうまくできない、とは、体にとって要らないものを溜め込んでしまうということです。
排泄が滞れば、食べたものが腸の中でどんどん腐敗し、腐敗によって毒素ができてしまいます。
この腸内の毒素が、栄養素などと一緒吸収され、血液中に入って体中にめぐると、体の組織も毒素によって弱ってしまうのです。

つまり腸の働きが低下すると、必要なものが必要な形で吸収できなくなるうえ、不要なものが体の中に入ってきてしまう、ということになります。

このように、腸が弱ったり、機能が低下して「栄養分解・吸収・排泄」がうまく回らなくなると、体つくりそのものがうまくいかなくなり、体の様々な組織に症状が現れてきます。

例えば「便秘になるとニキビができる」というのは、体内に回った毒素を皮膚から排出しようとして出てくる皮膚の「排毒」症状であり、毒素が皮膚に炎症を起こしてできている炎症反応でもあります。
腸の状態は、皮膚と繋がっているのです。
 

◆腸は「第2の脳」ともいわれるところ。脳とも密接に連携しています。

腸は脳に次いでたくさんの神経細胞が存在しているところ。
そのためにとても賢く、腸は独自の判断でさまざまな仕事ができます。
たとえば、腸のなかに食べ物が入ってきたときに行われる腸管運動はそのひとつ。
とはいっても、腸も体の一部。体全体の営みとのバランスも必要なため、脳とのつながりも持っているため、どうしても脳の影響を受けてしまいます。
例えば、脳で強いストレスを感じると、腸の運動機能に影響を受けてしまい、排泄機能に影響が出ます。(その代表的な症状が、過敏性腸症候群(IBS)ですね。)
また逆に、腸の健康状態が良くないと脳はそれを「ストレス」と受け止め、そのストレスが氣持ちにも反映され、「なんだかやる氣が起きない・・・」と軽い鬱症状として感じてしまいます。

このように、腸と脳の体や心に影響を与え合う関係性を【脳腸相関】といいます。
 

◆腸は、感情や、思考の状態をあらわしている場所です。

腸(お腹)に触れると不思議と、硬いところや痛みのあるところ、張りの強いところ、弾力の感じられないところなど、いろいろな様子がわかります。それは日によって変化したりすることもあれば、いつも同じところに同じような特徴がでる場合もあり、その特徴は、何を食べたのか、日常生活をどのように送っているのか、心の状態はどういったものなのか、などのことを反映してお腹に表れていることが多いようです。
言ってみれば、お腹はあなたそのもの。触れると、心や体からメッセージが伝わってきます。
 
腸は嘘をつきません。
脳が「思考」を司る臓器だとしたら、腸は「感情」を司る臓器。
あなたの本当の想いや湧き上がる感情を、あなたの腸は全部知っていて、いつも教えてくれています。
だからこそ、お腹に触れて「感じる」時間を持つことが、腸に寄り添い、自分を知り、自分らしく生きることに繋がるのです。

fotolia_98799659_xs

腸のトラブルに悩むあなた。
自分のことは、後まわし。に、なっていませんか?

さまざまなストレスに満ちた現代社会。
毎日仕事や家事育児をこなし、人間関係にも心をすり減らして頑張っている女性たちは、自分のことは後まわしにしがちです。
ふとした時に「あれ?」っと感じる、体のちょっとした変化とか、「最近なんだか元氣が出ないな」などといった、ちいさな心の浮き沈みなど、氣付かないふりをしていませんか?

でもそれって、体の声(体調)や心の声(感情)に蓋をして、見えなくしているということ。

私たちは本来、このような体(命)からのサインに耳を傾けて生活していくと、健康に、いきいきと生きることができます。
逆に言うと、健康に、いきいきと生きてゆけるように、体を使って前もって様々な形でサインを発し、心や体の健康が損なわれる前に、「なにかおかしいよ」「このままだといけないよ」と、教えてくれているのです。
この段階で対処すれば、大きな不調になることは少なく、ケアの効果も早くに感じられるでしょう。

でも、そのサインを無視し続けると、体からのメッセージはだんだんと聞こえなくなってしまいます。
違和感が当たり前になってしまうと、それらは氣にならなくなってしまうのです。
だからこそ、これらのサインに氣付いたときには、後まわしにせず、早めのケアをすることが大切です。放っておくと、そのうちどんどん心と体のアンバランスが大きくなり、心や体をの健康が損なわれる結果となってしまいます。

すぐにイライラしてしまう。
食欲が抑えられない。
常に疲れて やる気が出ない。
検査では異常がないといわれるのに、体調が良くならない。
いつも自分を責めてしまう。
幸せを感じられない ・・・など。

実際に、そんなお悩みを抱える女性が、今とても多いのです。
 

腸は、ほんとうのあなたを 教えてくれる不思議な臓器

お通じの異常(下痢、便秘、過敏性腸症候群など)という排泄に関する不調は、「何かおかしいよ。このままだと いけないよ」という、体からのサインである場合が多いです。
また、お腹に触れたときに感じる硬さ、強い張り、痛みなども、食事を含む日常生活の状況や、心の状態を反映して出される体からのサインともいえます。
実際に、食事の内容や今抱いている感情の変化によって、お腹の硬い部分や張りのある部分はそれこそ日替わりで変化してゆきます。
(当然ながら、感染症や外科的処置などの後遺症、器質的な疾患がみられる場合はこれがすべてではありません。)

つまり、お腹(腸)の状態は、あなたの心と身体の状態そのものを表しています。
腸が整えば、体は元氣に、心も柔らかく、感情も安定してゆきます。

整腸セラピーはお腹に触れて、腸を整え、心と体を整えるセラピーであり、
心と体の変化を通して本来の自分に氣付く。ほんとうの自分の気持ちや想いを受け入れ、自分をもっと好きになる。
そんなセラピーなのです。

新規ご予約ご希望の方へ

ご予約は24時間受付可能なメールフォームをご利用くださいませ。

※迷惑メールフィルター等により、当サロンからのメールが未着になることが過去に数件ありました。
メール送信後、24時間以内に当サロンからご予約確定日連絡メールが到着しない場合はその可能性がありますので、一度ご確認いただき、再度フォームhttp://yusura.info/から送信いただくか、お電話(080-3113-6982)でお問い合わせください。